6畳の虫かご ギネスへの挑戦!なんちゃって

国産かぶと虫からオオクワ、外国種まで広く浅くやってます。

マットあれこれ。  

大して書く様な事もないのでマットについて色々と。

昨年は自作のマットを何パターンか作成してみましたが、まー外したのはかなり酷かったです。

一番伸びる3令初期に使ってみてダメなマットは全然伸びないし、挙げ句の果てに幼虫投入してから再発酵キメてくれたりで...。

でも1種類だけ良かったなと思うマットを使ってみてみよう!と言うわけで急に思い立って2週間程前に作成に取り掛かりました。

原料のマットはレギュラーマット、添加材、水をこれに↓IN!

 昨年購入した生ゴミコンポスタ?

とか言う名前だったような?

本来なら生ゴミを入れてゴリゴリ回して発酵させて肥料にするやつですね。

これなら一撃で120L程作成可能です。

まず、マット、添加材を入れてよーく混ぜてある程度混ざったら水投入、更によーく混ぜて放置。

後は1日2回位混ぜて蓋を開けて空気をいれて上げての繰り返しでこの時期なら10日~2週間で完成。

混ぜない時以外は蓋を少し開けていたら尚更早く出来ます。

でも蓋を開けっ放しにしてたら娘から臭いとクレームがあったり、嫁から虫部屋にバルサン焚くぞと脅迫を受けたりするので気を付けないといけません(笑)

で、出来上がりが↓。

なかなかいい感じに仕上がっています。

120Lを4ケースに程に分けて1日ガス抜きして早速使用、念の為に幼虫投入してから1日は蓋を閉めずに様子を見てから蓋を閉めます。

まーこんな流れで今日は幼虫を投入してきました。

Amazonicoさんの174㎜、162㎜を使った幼虫達もほぼほぼ2令になっていて早いのは3令に加齢しているのも少し、中には4月孵化なのにまだ初令しているのんびりなのもいますが、温度の影響が大きいのか全体的にゆっくりな感じです。

自作のマットは出来るだけ2令で♂判別出来たのを優先的に入れてますが2令判別は些か不安があり中には♀も混ざっていることと思いますがそんな事もあるでしょう!

因みに、初令には3種類マットを使っていて無添加微粒子マット、廃菌床マット、レギュラーマット、微粒子以外はどちらも廃菌床になるのですが。

取り合えず3令に加齢した所で頭幅がどれくらい違ってくるかを実験中です。

微粒子マットは個人的になかなかいい感じで少しクセのあるカブトなんかに良く合うので重宝しています。

初令ならある程度細かい方が食べやすいと思うのでどうかな?って感じですが来月には結果が出ると思うので楽しみな所です。

それと、リバーフィールドさんのGTR系が羽化し始めてきました。

↑は140㎜ですがそこそこ長角系です。

15ヶ月位で羽化していますし、体重も90g程度しか無かったのでサイズはありませんがこの先楽しみな所です。(↑はオークションで旅立っていきました。)

まだ♂は少ないですがどうしても♀が先行してしまうので♀の蛹化ラッシュに入っておりスペースにも困っております。

そこでどこまでスペースを削れるかと言うことで実験。

↑の容器は160㎜×130㎜×55㎜、縦横はもう少し削れるますが高さはこれが限界でしょう!

70㎜程度ならこれでいけそうだけどそれより大きかったら高さが微妙です。

オアシスも1個を6等分してるので経済的ですがペラッペラです(笑)

まっ、何をするにしても工夫しないと全て限りがあるので色々と考えていきたいと思います。

あっ、そろそろ期待の幼虫が蛹になりそうなので次ぐらいにUPしたいと思います。

角さえ曲がらなければきっといいサイズになるはず!

スポンサーサイト

Posted on 2017/07/31 Mon. 01:33 [edit]

category: DHヘラクレス

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム


▲Page top