fc2ブログ

記事一覧

能勢交換しています。

我が家のオオクワブリードは世間一般に比べると1か月程前倒しでブリードしています。

今年は早い物は4月中旬割出、殆どはGW付近で割出し、その後一旦200cc菌糸で約1ヵ月、その後多くを判別無しで1400ボトルへと言った流れにしています。

例年との変更点として菌糸60ccカップ→200cc、カップ管理後800ccボトル→1400ccへと言った所です。

使用菌糸は我が家定番EXCEED CRAFTさんのLEVING-SP、今期から使用の深山農園さんの菌糸を使用しています。

深山さんの菌糸はまだブリーダーさんの中では使用されている方は少ないと思いますので少しレビューしておきたいと思います。

今年2~3月頃にクワガタ用菌糸を販売されると言う事を知り姫路オオクワ倶楽部の仲間と現場の見学をさせて頂きました。

そもそも菌糸の製造工程を見学することも先ず無く、深山社長から丁寧に原料のオガの説明、撹拌設備、殺菌釜、植菌、無菌室、培養棟と、一通り拝見させて頂きました。

素人ながら自分が使用している菌糸の製造工程を見ることが出来て新鮮な気分になり非常に興味深く楽しい時間を過ごせました。

そこでサンプル菌糸を分けて頂きましたがシイタケ栽培ベースのブロックの為クワガタには使えないかな…と言ったのが正直な感想でした。

モニターさんからも同じ様な意見はあったようですが水分量、粒子等々。

そして私が今期使用している分は4月仕上がりの樹種混合中粒子、水分60%の物を1本目(カップ含め2本目)に使用しました。

こちらは全て800ボトルへ詰め替えましたが水分60%ほ菌糸は少なくほぼ50%前後が主流ですのでプレス機は使わず手詰めで固く詰めすぎないようにしました。

菌の回りは早く菌の量も一般的な物に比べ多く感じました。

5月中旬~下旬にカップから800ボトルへ以降していき、MAX35gが出てくれればなと思い蓋を閉めました。

で、現在の深山さん菌糸での最大が↓↓↓

失礼ですが意外と乗ってます(笑)8月8日交換分より

この幼虫は21-A1ライン89.2mm×55.5mmです。

ちなみに写真は無いですがLEVING-SPからもう1頭同じ39,2gが出ていますが現状その2頭が最大です。

一昨年ならこのタイミングで40g越えが複数出ていたので40gupの写真を残せていないのが淋しいと言えば淋しいですが、ま~しょうがないです。

このラインは乗せる系統イメージですので平均して他ラインよりは3g程乗りがいいです。

主観ですがG-SPより深山さん菌糸は水分が多いからかそれ程詰まっている感じでは無くどちらかと言うと外産オオヒラタのような筋肉質と言うよりポッチャリ系の印象で色も浅くまだ若い感じでした。

2本目(カップ合わせ3本目)はクヌギ、水分50%になっています。

この50%の分はプレス機固詰めで現在100ブロック程詰めましたが60%の時と同じく菌量が多く回りが早いので個人的には優良だと思います。

しかし体重=体長と言う単純な話では無いので来年羽化後に良い報告が出来れば良いと思っています。

ちなみに今期は♀もほぼ1400ボトルでリレーしています。

今まで♀のサイズは求めていなかったので正直適当にしていましたが今期は♀もサイズを狙っていきたいと思っていますので60㎜upが羽化して欲しいと言う目標は最後まで持っていきます。

ちなみに深山さん菌糸♀最大はこれなので他社製品と比べてもイケるかも知れませんね。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

tukakuwa

Author:tukakuwa
カブクワ飼育でギネス(レコード)更新を目指す初心者のブログです(笑)