FC2ブログ

6畳の虫かご ギネスへの挑戦!なんちゃって

国産かぶと虫からオオクワ、外国種まで広く浅くやってます。

種親!  

えーっ、本日4連投です(笑)

今回は次のヘラヘラの種親を。

まず
IMG_4290.jpg
IMG_4292.jpg
IMG_4291.jpg
IMG_4294.jpg

以前155mm位かな?と記事にしていましたがちゃんと計測したら160mmUPでした。
これが自身初の160mmUPとなります(笑)
今時160mmも珍しいサイズでも無いですが、、、。
このFF×OAKS系は我が家にしては体重乗りの良い幼虫も多くいました。
まだ幼虫で140g超えてるのもいますので期待している系統です。
この♂は最終120gからですが欲を言えばもう少し太さか長さに出て欲しかったですね~どの♂もそこそこサイズがあるのは尻がデカいので写真を撮ってもスタイル良く見えない、、、。
それほど太くも無いですが累代重ねればいい血統になってくれそうです。
写真よく見るとノギスに接地してないですが1人撮影で暴れまくるので勘弁してください(笑)
サイズは胸角~上翅先計測です。


IMG_4300.jpg
IMG_4299.jpg
IMG_4301.jpg

こっちは174mm(鋭鋒)×73mmのAmazonico血統です。
ノギス写真はありませんが140mmです。
普通ならこのサイズは種親に選別する事はありませんが、なんせ幼虫時の頭幅がデカく孵化後8ヵ月で120gまで到達した我が家では特Aランクの幼虫でした。
174mmの子供達は今蛹~羽化が増えていますが昨年12月前後に交換した時のマットの劣化具合がかなり酷く3ヵ月後には軒並み体重大幅減となってしまいました。
↑の♂もその影響をモロに喰らったやつです。
なので順調に行けばこの♂も一発狙えてた、、、?可能性は十分あったのでは?と思います。
成虫を見てサイズ、形状で選んでお金を出せばいくらでも良い虫は販売されていますがその幼虫を見ているのは飼育したブリーダーだけなのでこいつは小さいですが可能性はあるのかな?と思います。
160mmのFF×OAKS系も同じ状態のマットも食っていましたが痩せる奴、伸びる奴と別れていましたので伸びる奴は何を食わせても食えるんやなとおもいます。
オオクワでも食性が強い、弱いと言われますが正にそれかなって感じです。
この140mmの系統は全体的に食性が弱いのが多いのか、単にブリーダーがヘボいのか(笑)
確かにヘボいですが考える脳みそはあり少しずつ進歩しているので次世代でいい結果を目指します!
↑の状況もあり春からマットも色々と試してるので今期ブリード開始しているラインはアベレージは上がってくれるであろう?と確信しています(笑)
では!
スポンサーサイト

Posted on 2018/09/02 Sun. 18:20 [edit]

category: DHヘラクレス

tb: --   cm: 1

DHH18ブリードライン  

忘れない為に18年ヘラクレスのブリードラインを残します。
今の所なのでこれから増える分は追記していきます。

種♂ 166mm Amazonico血統XXⅡ-22

種♀72.5mm OAKS血統(Y170×T117)
  ♀72.0mm U6SA-GTR160mm×OAKSNo120 69mm
  ♀71.5mm U6SA-GTR155mm×74mm 
  ♀76.0mm Amazonico血統XXVⅡ-48
  ♀76.0mm Amazonico血統XXVⅡ-49
  ♀71.6mm OAKS血統Y170×(T117×No95)
  ♀71.0mm OAKS血統T117×No95
  ♀80.0mm FFOAKS×RF血統零1-A-RU5N

種♂160mm
  ♀68.0mm FFOAKS×RF血統零1-A-RU5N
  ♀73.0mm U6SA-GTR160mm×OAKSNo120 69mm
  ♀72.0mm 140mm×70mm
  ♀72.0mm U6SA-GTR160mm×OAKSNo120 69mm

種♂155mm OAKS血統T117 VOL8
  ♀72.0mm OAKS血統T117×No95
  ♀76.0mm U6SA-GTR155mm×OAKSNo95 69mm

Posted on 2018/09/02 Sun. 16:54 [edit]

category: DHH18ブリードライン

tb: --   cm: 0

2本目交換始めました。  

時間の有る時に連投です(笑)

お盆休みの間に2本目への交換を始めました。
我が家は世間様方とは1ヵ月程早く今期をスタートさせていましたので5月中に1本目に投入し食い上げの良かったボトル交換をある程度済ませました。
♂79頭、♀28頭です。

昨年と比べて何より平均体重が増加し20g台の♂がすこぶる減りました(笑)
今の所大きいのを少しだけupしておきます。
20180902152226979.jpg

20180902152234097.jpg
20180902152217598.jpg
20180902152222079.jpg
20180902152206564.jpg
20180902152210620.jpg

とりあえず写真に残ってるのは37.6gが最大です。
このB1ライン850×510はまだ♂6頭だけですが37.6g、36.8g×2、35.4g、31.5g×2なのでうちの中では当たっています。
♂79頭中30gup56頭、我が家では上出来ですww
そもそも還元率の高い♂♀を種親にしていますのであまり体重はあてにならない所はありますが小さい幼虫で奇跡は起こせないので出来るだけ幼虫も大きくしていきたいです。
写真には残していなかったですが42.4gてのも1頭おりました(笑)
数も確保出来ていたので捨てるのも勿体無い発菌の悪いボトルに突っ込んでたやつですがデカ!と思い計量してみると42gもあり2分程時が止まってました(笑)
しかし37.6gより上が42.4gとか間がぶち抜けていたのと、ダイオウ、テイオウも飼育しているのでどこかで混ざった?とか色々な疑心が頭の中で高速回転していたのもありました。
後から良く考えると他の種とはブリードのタイミングも大きくずらしていたので混ざるのは無いしそもそも別部屋でその辺りは管理してるので。
次の交換の時にバッチリ確認しておきたいと思います。

遅いので7月にボトルinしたのもおりますが最終328頭でスタートしています。

去年から少し考えてやっていたのですが今期オオクワ♂2本目以降は↓のように管理しています。

20180902160407209.jpg
20180902160746054.jpg

以前ビークワで連載されていたBDってやつです。
と、言っても専用の器具は高価なので全てに装着出来る訳もないので安価な代用品を使用していますが見た感じ暴れも無く殆どと言うか全く無く側面にも食跡がないので大人しく居食いしてるか☆になってるかでしょう(笑)
昨年から少し試していましたが菌糸の詰め具合、劣化具合によりますが暴れは極端に少ないと感じますので今期は全てに採用しています。
20180902160404692.jpg
↑適当ですが黒いカーテンの端切れで棚を囲い遮光したり色々と工夫はしたりはしています。

まだ2本目交換も残っていますが次からは38gupから記念写真掲載します(笑)

Posted on 2018/09/02 Sun. 16:25 [edit]

category: 18能勢

tb: --   cm: 2

増種!  

早いもので9月になりましたね~。

今回は色々と増種、着弾していますのでご紹介です。

①Dorcus space M’sさんより


20180902132654379.jpg
20180902132659501.jpg
20180902132702280.jpg
20180902141727821.jpg


 バミノルムです。
8/上旬の届いていましたがなかなか時間も無かったので今になりました。
サイズは小さいですが極太の個体を目指してブリードしたいと思います!
写真は出品時の物をお借りしています。
即ぶりでしたので既にブリードは開始しています。
2♀共材は齧ってますので無事に幼虫になってくれるか?です。
ボーリン原名亜種の方も今回は幼虫で割り出す予定なのでもうしばらくしてからち言う所です。
M’sさんありがとうございました!

②エレガントビートルさんより

20180902134440706.jpg
20180902134438875.jpg
20180902135331558.jpg

ガントク産 アンタエウス WF1 ♂83mm♀44mmペア

1年振りにアンタエウスが復帰しました。
昨年手元のアンタエウスを全て放出しましたが最近になって心底後悔していました。
1ペア位残していれば、、、と思っておりましたので、どうせなら大きいかWDに近いのをと言う所でWF1ペアにしました。
なかなか♀単品が見つからないので後々補強出来たらいいですが取りあえずこのペアからスタートしていきます。
目指せ90mm!

③ヤフオク bighead90upさんより

20180902133810873.jpg
20180902133812943.jpg

以前↓の菌糸穴あけ棒をオークションで購入し話をしている中でこんなのを作って欲しい!とお願いしたのが↑です。
1400cc用、800cc用のプレス板です。
初令投入穴付きプレス板は以前より保有していましたが先日2本目へ交換している際に、穴あけがめんどくさい!菌糸も勿体無い!と切に思いました。
それに固詰めすると廻りの悪いのも出てくるので全てのストレスを解消してくれくるアイテムです。
穴あけだけでドリル片手に半日程掘削作業をしていたので全てにおいて時短になる事でしょう!
こちらは虫とトレード成立です(笑)
20180902133808897.jpg

↑の穴あけ棒も数か月使用しましたが固詰めでも意外とス~ッと穴あけ出来てなかなか使い勝手も良かったです!
流石職人さん!
次の菌糸詰めは少し先なのでまた感想を記したいとおもいます。
ありがとうございました!





Posted on 2018/09/02 Sun. 15:04 [edit]

category: ボーリン&バミノルム

tb: --   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム


▲Page top