6畳の虫かご ギネスへの挑戦!なんちゃって

国産かぶと虫からオオクワ、外国種まで広く浅くやってます。

最強補強!  

昨日、今日と久し振りの連休でゆっくりと出来ました(^^)

朝からマットのボトル詰め50本程してからマット交換、主にGTR系の孵化時期が遅かった分でした。
今までは篩に掛けて継ぎ足してましたがミミズが発生していたので全交換です。



現在温室に放り込んでいたパチセラス直仔が頭隠して尻隠さず状態でしたので測定だけしてみました。
先月交換して95gでしたので14gup、前回も大分色付いていましたので増えないかな?とは思ってましたが。
そろそろ俑室作成するかと思いますのでマットを足して固めました。
早い♀は既に1頭羽化してしまっていますので時期が合うようにだけしてほしい所です(-_-)

そしてそして本日午前に到着予定でしたが遅れて15時に来期の最強補強が着弾しました。








ベタベタと貼ってしまいましたが、shima1007様からの補強です。
今回のギネス個体の異母兄弟に当たる個体です。
♂同腹最大89.2㎜、♀同腹最大89.3㎜。
こちらからは個体選別はお任せでしたが、還元率が高く、選んで戴いた♂♀で掛ける前提で選んで頂きました。
低い気温の中での到着でしたが開封一番に左中指をガブッといかれ悶絶していました(;_;)
写真は悪いですが実物は美肌で力強く素人目にも良い虫です!

お話しの中でも「親虫選びの重要性」と言う点を説いて頂きました。
昨年準ギネス個体、今年のギネス個体も同じ85.0㎜が種親になっていますので頷けます。

幼虫時からの選別は経験、実績が無いと解りませんし私にはまだまだ理解出来ません(笑)

少しでもそう言った感覚が理解出来るようにボチボチやって行こうと思います。

今期もですが最低86.0㎜は出せるようにします。
と言いたい所ですが日々きのこ狩り状態ですので...。
ホントに難しい(-_-)
スポンサーサイト

Posted on 2016/11/30 Wed. 00:08 [edit]

category: 2016年能勢YG

tb: --   cm: 0

緑一色!  



こちらはwhite angelのふうた君です。
我が家に来て1ヶ月程、最初はあまり相手にしてくれませんでしたが最近は慣れて来たのでなかなかじっとしてくれず暴れ回っています(笑)

表題の緑一色!は麻雀ではありませんがショッキングな出来事がありました。
11月8日位に詰めた分の菌糸ですが今まで少数ブロックで数回使用した事がある某有名菌糸を20ブロック自詰めしました。
25度程度の温室に保管して数日後に確認しましたが非常~に発菌状態が悪く疎ら、ほぼ発菌していない状態でした。(添加剤未使用)
固詰めし過ぎたかな?とか思って一応ドリルで空気穴を空けて様子を見ること2週間...。



も~なんてこったですよ。(見苦しい写真ですいません)
2,300ボトル10本、1,400ボトル10数本、800ボトル数本見事にオールグリーンになってしまいました(泣)

今までほぼほぼ自詰めして雑菌が入った事やカビが来たこともありますが流石にこんな見事に全部と言うのは初めてだったので絶句するしかありませんでした。

原因を色々と考えていましたが当日別メーカーの物を詰めましたがこちらは問題無く綺麗に回っていましたので偶然某菌糸にだけ雑菌が入ったとは考えられないです。

強いて言うなら表皮が薄かった、水分量が多く感じた位です。

流石に20ブロック分丸々この状態では納得いくわけないのでメーカーさんに直接電話させて頂きました。(購入はSHOPさん経由ですがメーカー直送の為)

上記の内容を説明した所、あっさりとブロックの不具合である可能性が高いと...
代替え品の発送をしてくれると言うことで話しは纏まりましたが...詰め作業半日、中身の廃棄、ボトルの洗浄もろもろで半日程を費やし、早く交換したかったボトル交換は先延ばし(泣)

でも今日は友人のS君に昼から助っ人に来てもらい何とか夕方にはボトル詰めが完了しますた。

S君には感謝です!あざ~すっ!

しかし菌糸もロットによって多少のムラが出るのは仕方の無い事かもしれませんが余りにも酷すぎますよね。
過去にはギネスの実績もあり安価では無い部類ですし何より菌糸屋さんですので安心して使えるものを送って貰わないとですね。

来期はこのメーカーさんのをメインに使おうかと思っての事でしたので今日詰めた分を見て要検討しようと思いますが毎回「ちゃんと回るやつ」を発注時に付け加えるようにしようと思います。

最近はどこの銘柄もこう言ったトラブルが多いようですし今回は目に見える形で気付きましたが既製品で中身が...となるとゾッとします。

今日の分は見た感じ多分大丈夫そうですがどうでしょう?ただただ無事を願うばかりです(-_-)

面白くない話題でしたが、明日は来期の最強補強が到着予定です。
また時間があれば、紹介したいと思います!


Posted on 2016/11/29 Tue. 01:30 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

部屋の中の部屋。  

最近は寒かったり暖かくなったりしていますが明日は夏日になるようです。。

この数ヶ月虫部屋の温度管理について考えていました。
現在の飼育種オオクワガタ、ヘラクレス、サタン、グラシロ、アンタエウス、オオヒラタ等々。
理想の温度帯が様々なので何処に重点を置いて管理するか?ってなったらオオクワ、ヘラクレスってなるのですがやっぱり温度差が出てしまいます。
今では棚の場所や部屋の場所の温度差を使っていますが限界を感じました。

冷し虫家の購入も考えましたが容量、価格を考えたらこれも無理があるとなりましたのでこうなりました。





部屋の中に部屋を作ってしまいました!

ジャンボ温室ってやつでサイズが120㎝×180㎝×190㎝。

今は付属の棚も使っていますが、横にアルミラック2台並べて調度のサイズです。

メインルームの設定を20度、温室を25度~27度の設定にしています。

温室はパネルヒーター、メインルームはオイルヒーターで加温していますが、温室のパネルヒーターは小さいのでフル稼働気味です。

でも何となく設定温度で調整出来ていますので結果オーライでしょう!

温室内は現在の所産卵セット、採卵、ヘラクレス初令~3令まで、菌糸回し、マット作成、蛹化促進そんなところです。

スペースも広いので今の所は十分満足の出来る内容かな?と思います。

そのなかで先週菌糸を詰めので回していますが

2,300のボトルを作ってみました。

現在飼育中の種は1,400で還そうかと思っていましたが先月ボトル交換したアンタエウス(シェムガン)7月1日割り出し、10月14日交換分から49gと言うのが出てきました。
あまり飼育していないので特大サイズがどのくらいか把握していませんし調べても1本目で49gと言う情報が無かったのできっと大きいのでは無いかと思って思いきってボトルも用意して作ってみました。

800➡1400へ交換から2週間以上食跡も出ていなかったので落ちたかな?と思ってましたが今月に入ってわずかに食跡が出てきて暴れてもないのでどっしりと居食いしてくれてそうです(^^)

オオクワの30g前後ばかり見過ぎてたのでビックリして写真も撮ってなかったのが残念(^^;

種親は860×490だったので親越えは出したいところです。
アンテのブリードも初めてみたもののイマイチこう熱くならなかったのでオオクワで余っていたS3に突っ込んだのが良かったのかもしれませんねー。

取り敢えずワンサイクルやってみて先を考えようとは思っています。

ヘラヘラFF×Oaks系のブリードも佳境に入っており現在孵化ラッシュ中です↓


今日は朝から孵化した幼虫のボトル投入

ボトルへの投入は先週位から順次行っています。
赤目からは無精卵が出ていましたが2♀態勢で概ね順調、零1、Oaks♀も安定して孵化していますがどちらも無精卵が非常に少なく孵化率が高いですね。

以前にもOaks血統、RF血統の♀を使っていますがどちらの♀も孵化率がかなり高かったのを覚えています。

血を入れ換えているからか、こちらに来るまでの管理が良いのかと言った所もありますがとても安心出来ます。

どちらからもデカいのを出したいところです!

今日も30~40ほどヘラヘラのマット交換しましたがまだまだ初期の分だったので特筆するのはいませんでしたが来月交換は9月交換した分の予定ですので結構期待しています(^^)

あとまだ紹介してないですが先月に到着した大物♀が1頭ブリードを控えています。

FF×Oaksと掛ける予定ですが今月末の予定ですのでまた紹介したいと思います。

最近はヘラクレスの方もいい話題、悪い話題とあり残念な所もありますがこっちはこっちで楽しくやっていこうと思います(^^)


Posted on 2016/11/15 Tue. 00:52 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム


▲Page top