FC2ブログ

6畳の虫かご ギネスへの挑戦!

国産かぶと虫からオオクワ、外国種まで広く浅くやってます。

マルガリータヒナカブト羽化してます。  

去年オークションで手に入れて累代しているマルガリータがほぼ羽化して来ました。

写真は3♂5♀。

友人から血の入れ替え用で2♂、そちらは♀不足との事でこちらから1♀送ってトレードしました。

それが⬆⬆⬆

既に9月~羽化していたのでいくらかはオークションへ出しました。

数年前ならオークションでも結構高値でやり取りされていて高値の花子さんでしたが最近はペアで1万円程度でしょうか?

1年程前に比べても半値近くまで下がってきましたね。

ある程度出回り出したら数が増えるのも早いので当然かも知れませんがこの種はブリードも安易な方なのでこれからも価格は下がるでしょうね。

ちなみにこの種は個体差で色彩変異が見られます。

普通は↓↓

胸部が赤っぽいタイプ。

それと↓↓

グリーンタイプ。

うちではグリーンは♂で1頭、♀で1頭だけなのでグリーンは1割未満の割合かなと思います。

グリーンタイプは腹側もグリーン↓↓

この辺も固定化出来たら面白いかもしれませんね。

ちょっとうちでの飼育をおさらいしておきます。

うちでは3♀使ってブリードしたので当初は100頭程幼虫が採れたかと思います。

友人達に配ったり、オークションへ出したりして手元に30~40頭程残していたかな?

まず、羽化~産卵まで。

昨年成虫で合計3ペア入手しましたが小さいのに思ったより休眠期間が長かったです。

期間にして3~4ヶ月、うちでは20度前後管理だったと思うのでその辺りは管理温度で差は出ますが余程大きな羽化ズレが無ければ温度差を付けていればブリード可能な所まで持ち込めます。

どの種にも言えますが焦って温度を上げて後食を早めてペアリングするより低温でしっかり寝かせた方が産みは良くなります。

後食~ペアリングまでは約1~2週間、産卵に使用したマットとはRTN製のUマット。

温度は25~26度、マットは少し水分多目程度にしました。

水苔使う方もいるみたいですがうちでは使ってません。

マットは底を少し押し固める程度にして上は固めないです。

こんな感じで1♀80~100個程採卵しました。

でも孵化率が悪かったです、半分程は無精卵でダメになりましたのでこれからはその辺りが課題かな?って感じです。

マットも前回のはかなりお高いマットだったので今回はちょっと変えてみますが微粒子でそれほど添加の多くない物なら問題ないかな?とは思いますがダメなら最終水苔入れてみます。

幼虫飼育

これは結構簡単で血が濃くないからか殆ど★になるのもいなかったです。

マットとは手元に残ってたUマットを使って3令以降は全交換せず安価な廃菌床マットを足して行くって感じにしました。

この種の場合単独飼育より皮肉な事に多頭飼育の方が大きくなりました(笑)

友人に回した所でも同じくの結果なので大切に単独飼育より多頭飼育した方が見映えする個体になってくれます。

小型種なのでマットの容量、劣化度合いなんかもあるのでしょうね。

飼育温度はそれほど気にしてませんでしたが孵化~22~25度、3令以降は20~23度程度で羽化まで。

うちでは小~中ケースに3~5頭でしたが羽化時期もバッチリ合いました😃✌

幼虫期間は羽化まで8~9ヶ月程度が多いです。

繭玉作りかけで掘ってしまったのは今蛹になってますがイレギュラーが無ければ1年サイクルでペアリング~羽化まで回せるので待ち遠しくなることも無く楽しめる種ですね。

うちは大型種はサイズを出せないので小型の可愛い種をこれから増やして行きます(笑)

スポンサーサイト



Posted on 2019/12/13 Fri. 20:30 [edit]

category: マルガリータヒナカブト

tb: --   cm: 0

ストーブリーグ。  

今更感半端無いですがあけましておめでとうございます(笑)

もう1月も半月以上経過してしまいました。

最近は特に虫も上がって来ないので虫部屋での作業も少ないですがエアコンが付いてますので暇なときは虫部屋でゲームしたりしていますww

プロ野球界ではこの時期は補強、契約更改の季節ですが我が家でも少々増種したりもしています。

まず、少々前の話ですがブログリンクさせて頂いている「クワカツ!」のちょくさんよりオークション出品されていたマルガリータヒナカブト♂♀♀を購入。

別の方から♂♂♀して3ペアでブリードを開始しました。

⬆写真は出品されていたときのを拝借しています。

ネットで色々と情報収集していましたが産卵に癖があるとか無いとか...初めてトライする種なので少々不安ではありましたが12月上旬に揃って餌を食い始めましたので1週間程でペアリング。

からの産卵セット。

水苔を使うとかと言うのも見聞きしましたが我が家では無しパターン、マットは無添加微粒子、25度程度に設定していました。

ハンドペアリングですんなり行きましたので同居させずに産卵セットにそのまま投入。

3ペアいましたので♂♀別系統でペアリングさせてますので幼虫が採れればCBF1ですね。

取り合えずしっかり掛かってるのか?と産卵してるのか?がかなり不安でしたので4日で最初の割り出し。

結果は...

ちなみに1カップに2個入なので38個ww

爆産!

結構気合いを入れていただけに拍子抜けしたと言うかめっちゃ簡単やん!ってなりました(笑)

他の♀もほぼほぼ同じようなペースで産み続けていましたので3♀で270~280個程は採卵出来ました。

しかし、卵の様子をマメにチェックしていましたが有精卵もありますが無精卵も非常に多く初回採卵分はかなりの無精卵がありました。

その時は数まで数えて無かったですが感覚的に5割程は無精卵で消えていっていましたのでヤベ〰って焦ってました。

初回採卵から3週間目位で最初の幼虫が孵化し始めそのままプリカで管理していましたが全体的に線虫、コバエが発生し出したので孵化してる分は今日まとめて割り出して小ケース、450ブローへ。

小ケースは21頭ずつ×3ケースは、ブローは7頭入なので現在70頭(笑)

孵化したてのはまだプリカ入なので最終的に90~100頭程で落ち着きそうです。

取り合えずこのままで2令後期~3令初期までは多頭飼育でそれ以降は450ブローor800ボトルかな?とは思っています。

個人的な主観ですが産卵はマット、温度を合わせればヘラクレスより簡単、場所もあまり取らない、孵化率悪い←これがちょっとネックです。

孵化率が悪いのは♀にも寄るとは思いますが、あまり採卵せずに孵化まで割り出さない方がいい?ような感じがありました。

自分の場合は基本的に同じマットで産ませ続けたい、余分なスペースを使いたくない、何よりマットが高かった(←これ重要)ので余分なマットを使いたく無かったから全部採卵しました。

今は多頭飼育ですがヘラクレスとかを見ていても自分の場合は2令まではケースの大きさにもよりますが20~30頭程度はタコ飼いにしています。この方が成長が極端に遅いとか言うのが少ない、マットが劣化するより早く食い上げてくれる、何故かこの方が初2令での★が少ないと言うところでしょうか?人それぞれかとは思いますが。

流石にこれだけ採れれば累代も問題無いと思われますのでボチボチやっていきます。

次はトカラノコ!

実はノコギリ自体飼育が初めてです!

昨年夏にWDノコを産卵させていましたが結果坊主...最近幼虫30頭で出品されていたのをポッチしました。

悪島産のF2です。

30頭居ればそれなりに羽化までいけるでしょう!

同じ飼育するなら綺麗なのをって思って選びましたが写真のように綺麗に羽化してくれたらいいんですけどね。

それから孵化7ヶ月程で60g、11ヶ月程で早々に蛹化したテイオウが年末に羽化していました!

97㎜!

でも2日程前に確認したら★になってました(-_-)

親元のKita君も結構太いって言ってくれてたし他の♂は余裕で幼虫してるので種親にと思ってましたが...残念です。 

まっ、残りの幼虫に期待したいと思います。

まだヘラクレスも少し補強していますのでまた小出しで次回に回します(笑)

それでは今年も宜しくお願いしますm(__)m

Posted on 2019/01/20 Sun. 22:07 [edit]

category: マルガリータヒナカブト

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム


▲Page top