FC2ブログ

6畳の虫かご ギネスへの挑戦!

国産かぶと虫からオオクワ、外国種まで広く浅くやってます。

19年能勢種親。  

19年ブリードの組み合わせを簡単にまとめます。

管理NO:19-A1-
種親♂  86.8mm  shima氏H28-S2-10(準ギネスインライン)
     89.0mm×58.8mm(89.8同腹)
種親♀  55.5mm  17A2-27 83.9mm×51.0mm
     shima氏H27-S-36×とも氏883×545早期

管理NO:19-A2-
種親♂  86.8mm  shima氏H28-S2-10(準ギネスインライン)
      89.0mm×58.8mm(89.8同腹)
種親♀  55.0mm  17A1-29 83.9mm×53.5mm
      shima氏H27-S-36×shima氏H27-S3-8

管理NO:19-A3-
種親♂  86.8mm  shima氏H28-S2-10(準ギネスインライン)
      89.0mm×58.8mm(89.8同腹)
種親♀  55.2mm  18A2-42
      shima氏H27-S-36×18-A3-29

管理NO:19-A4-
種親♂  86.8mm  shima氏H28-S2-10(準ギネスインライン)
      89.0mm×58.8mm(89.8同腹)
種親♀  54.0mm  17-B1-7(86.2×54.0)
      Goshinさん14-8-6×ともさん870×552

管理NO:19-B1-
種親♂  85.0mm  shima氏幼虫購入(準ギネス直仔)
      89.0mm×57.1mm
種親♀  56.0mm  17-A3-26 83.9mm×53.2mm
     ♂shima氏H27-S-36×♀89.0×57.1mm

管理NO:19-B2-
種親♂  85.0mm  shima氏幼虫購入(準ギネス直仔)
      89.0mm×57.1mm
種親♀  54.5mm  17-A3-17 83.9mm×53.2mm
     ♂shima氏H27-S-36×♀89.0×57.1mm

管理NO:19-B3-
種親♂  85.0mm  shima氏幼虫購入(準ギネス直仔)
      89.0mm×57.1mm
種親♀  50.0mm  18-A2-34(早期) 83.9mm×50.0mm早期
     ♂shima氏H27-S-36×♀89.0×57.1mm
 
管理NO:19-B4-
種親♂  85.0mm  shima氏幼虫購入(準ギネス直仔)
      89.0mm×57.1mm
種親♀  55.5mm  17-C1-44  85.0mm×53.0mm(早期)
      ともさん860×535×16YG1-26

管理NO:19-C1-
種親♂  84.0mm  shima氏幼虫購入(ギネス直仔)
      90.0mm×57.5mm
種親♀  55.5mm  17-A3-22 83.9mm×53.2mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀89.0×57.1mm

管理NO:19-C2-
種親♂  84.0mm  shima氏幼虫購入(ギネス直仔)
      90.0mm×57.5mm
種親♀  56.0mm  17-A3-15 83.9mm×53.2mm
     ♂shima氏H27-S-36×♀89.0×57.1mm

管理NO:19-C3-
種親♂  84.0mm  shima氏幼虫購入(ギネス直仔)
      90.0mm×57.5mm
種親♀  55.2mm  18-C2-17 87.0mm×51.0mm(早期)
      ju-tsuさんYG16-1×17C1-22

管理NO:19-D1-
種親♂  86.2mm  ♂83.9mm shima氏H27-S-36 89.2mm同腹
     ♀53.2mm早期 shima氏89.0mm×57.1mm
種親♀  56.5mm  17-A2 SR83.9mm×YG51.0mm
     ♂shima氏H27-S-36×♀とも氏883×545早期

管理NO:19-D2-
種親♂  86.2mm  ♂83.9mm shima氏H27-S-36 89.2mm同腹
     ♀53.2mm早期 shima氏89.0mm×57.1mm
種親♀  56.0mm  17-A2-27 SR83.9mm×YG51.0mm
     ♂shima氏H27-S-36×♀とも氏883×545早期

管理NO:19-D3-
種親♂  86.2mm  ♂83.9mm shima氏H27-S-36 89.2mm同腹
     ♀53.2mm早期 shima氏89.0mm×57.1mm
種親♀  56.5mm  17-A2-26 SR83.9mm×YG51.0mm
     ♂shima氏H27-S-36×♀とも氏883×545早期

管理NO:19-D4-
種親♂  86.2mm  ♂83.9mm shima氏H27-S-36 89.2mm同腹
      ♀53.2mm早期 shima氏89.0mm×57.1mm
種親♀  56.0mm  17-A2-11 SR83.9mm×YG51.0mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀とも氏883×545早期

管理NO:19-E1-
種親♂  83.0mm  17-A1-30 83.9mm×53.5mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀shima氏H27-S3-8
種親♀  53.0mm  17-A1-55 83.9mm×53.5mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀shima氏H27-S3-8

管理NO:19-E2-
種親♂  83.0mm  17-A1-30 83.9mm×53.5mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀shima氏H27-S3-8
種親♀  54.7mm  18-A2-24 早期 86.8mm×50.0mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀shima氏89.0×571早期

管理NO:19-E3-
種親♂  83.0mm  17-A1-30 83.9mm×53.5mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀shima氏H27-S3-8
種親♀  50.0mm  18-A2-33 早期 86.8mm×50.0mm
      ♂shima氏H27-S-36×♀shima氏89.0×571早期
 
管理NO:19-F1-
種親♂  87,0mm  ju_tsuさんYG16-1
       85.0mm×53.6mm
種親♀  55.0mm  17-C1-38 85.0mm×53.0mm
       ともさん86.0mm×53.5mm×16YG1-26

管理表を張り付けただけなので見難いかもしれませんが一通りまとめました。
欠番も出るかもしれませんが取りあえずこれでシーズン行きます。

19-Aライン、19-Bライン、19-Fラインの種♂は昨年も使用した2年目です。
Fラインの87,0mmは1♀に種付け後★に、、、。
19-Cラインは一昨年shimaさんから幼虫購入したギネス90,0mmの直仔84,0mm
19-Dラインは自ブリSR 86,2mm
19-Eラインも同じく自ブリ83,0mmこれは小さいですが凄く綺麗な虫でしたので種親にしてみました。
今年の種♂はFライン87,0mm以外は全てSRで固めています。
種♀はSR,YG、SR×YGの能勢となります。
18年ブリードは最後でこけてしまいましたが今シーズンは終盤の温度、菌糸管理をしっかり行っていきます。

番外編で極太系の華王もやってます。
さ~これからまた1年始まりますので気合いれて行きます!
スポンサーサイト

Posted on 2019/06/06 Thu. 22:01 [edit]

category: 19年能勢種親

tb: --   cm: 2

そんなに甘く無いのだ、、、。  

5月に入り例年の如く暑い日が多くなりました。

北海道で39.5℃とか、、、正に異常気象、夏が怖い。

我が家ではオオクワの羽化が進んでいます。
良い所と言えば♀のサイズを平均的に2mm程伸ばせている事で殆ど仮測定段階ですが昨年よりいい感じです。
18年ブリードは♀も気を付けて管理していましたのでまあまあ結果に反映されている感はあります。

悪い所は、、、♂が羽化してこない!!

と、言うより蛹化時に★、蛹で★、羽化時に★と、、、例年に無く★のオンパレード(´;ω;`)
まともに羽化出来ても綺麗な虫が少なく、未だにノギスが85mmを超えるのが1頭も出ていない状況です。
まだ蛹や掘り出していないのも♂50本程ありますので何とか来期の種親に使えそうなのが5頭は欲しい所ですがどうなる事やら。
18年ブリードは体重も例年以上に乗せれてかなり自信と期待がありましたがなかなかそうは簡単に行かせてくれないです。
自分なりに反省出来る所が多々あるのでその辺は今期ブリードでリベンジしていきます。

19年ブリードも既に割り出し→菌糸カップ→800ボトルと経由して250頭程はボトルに投入済み
20190603220045359.jpg
20190603220040363.jpg

まだ採れていないラインもあるので産卵は継続中。
20190603220051405.jpg

別記で今シーズンのライン表を簡単にまとめてUPします。

今シーズンは目標600頭で既に菌糸も数を揃えていましたが別種にも菌糸を回しているので能勢で500頭前後になるとは思いますが今月中には割り出しを終わらせたい所ですがどうなることやら。。。

別件ですが4月~羽化しているバミノルムが活動開始してますので来週辺りから順次ペアリングを行って行く予定です。
バッチリ羽化時期が合ってくれ♀も4頭程は使えそうなので何とか数を確保したいです。
昨年思いの外幼虫が採れて何か掴めた感じのあるボーリンブリードですが今回で自信を確信に変えれるか??
完全攻略して目標100頭目指します(笑)



Posted on 2019/06/03 Mon. 22:52 [edit]

category: 18能勢

tb: --   cm: 0

プレ企画。  

さっきの記事で書き忘れていました。

ヲタくわさんのチャンネルでうちからマルガリータ3令2ペア、DHエクア3令2ペアプレ企画として出してます。

5月21日21時締め切りなので希望の方がおられましたら企画動画でコメントしてください❗

ヲタくわさんのチャンネルをリンクに貼ってますので宜しくお願いします✨

Posted on 2019/05/19 Sun. 22:54 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

助っ人!  

久し振りの更新です。

平成から令和へ時代は変わり多忙な日々が続いています。。。

令和元日?の5/1に助っ人に来てもらいました。
現在YouTube活動をされている【ヲタくわ】さんに来てもらいオオクワの割り出しを手伝ってもらいました。

割り出し動画↓↓チャンネル登録お願いします(^-^)/
ヲタくわ【YouTube】

OAKSさんのブリードルームに行く途中でですが佐賀県から10時間の運転お疲れさまでした(^-^)/

色んな縁があって今年の元日に初めて顔を合わせて令和元日にまたこう言った形で顔を合わせる事が出来て嬉しい限りです(割り出しの強制労、、、ではなく手伝って貰えてラッキーです(笑))

そんなこんなで2人でせっせと16本程割り出しを行い不発の♀も例年より多かったですが100頭程割り出せました。
まだ残してる分も多く不発も多そうなので割り出しが終わって採れたラインだけ改めてUPします。

我が家ではオオクワの羽化ラッシュに入り少しだけ掘り出してるのもいますがまだ軽い幼虫分が多いので写真を撮れるのが出てきていませんが87mm以上はUPしていきたいと思います。

他にも羽化してるのがおりましたので少しだけ、、、。

昨年夏にM’sさんから譲って頂いたバミノルムが羽化ラッシュとなっています。
20190519212659190.jpg

横向きになってますがやっぱカッコイイ!ですね!
これで65mm位なので80mmクラスになったら別格でしょう!
昨年11月に2令で割り出し菌糸&マットで飼育していましたが4月に羽化させてしまいましたので早期羽化となりますが累代には十分です。
他の♂もサイズは小ぶりで翅ぱかも出ているのでちょっと幼虫が完熟していない感があるので次世代は幼虫期間を長めに取ってサイズUPしたい所です。

次に今日掘り出して羽化していたテイオウ↓
20190519194348686.jpg
20190519194334192.jpg

サイズが98mm位、しっかり固まってるので3~4月上旬には羽化していたっぽいです。
これも綺麗に羽化していてカッコイイ個体です!
最終56gなのでこんなもん?テイオウ♂は手元でまだ3頭位しか羽化させていないので基準がいまいち分からないですが、、、。

20190519194343972.jpg
20190519212908469.jpg

これは我が家最大だった67gが蛹に変身してしまい、、、結構太目みたいで、計測してもらったら予測104mm位になりそうらしいです。
何はともあれ綺麗に羽化してくれたら言うこと無しですがこんなのが不全になりそう、、、。

ではこれから粛々と割り出しを続けます。
また(・Д・)ノ

Posted on 2019/05/19 Sun. 22:32 [edit]

category: ボーリン&バミノルム

tb: --   cm: 0

早くね?  

3月に入り卒業シーズン。

我が家の長女、長男は無事に中学、小学校を卒業しました。

長女は近くの公立高校へ進学が決まり(でかした!)長男もみんなと一緒に地元中学へ進学します。

と、ま~平和な日々を送っています。

虫部屋の方はゆっくり加温して現在24度程度まで上げましたが少数暴れていますので余りのボトルに交換したのもおりますが順調ではないかと思います。

ボーリン&バミノルムを見ていたら

菌糸、マット飼育の♀が蛹化モードへ入っていました。

11月に2令で割り出したのですが早くね?と思ってますが1♂も怪しい挙動...。

ボーリンにしては少し温度も高めなので早いとは思いますが...。

ともあれ無事に羽化してくれれば言うこと無しです。

オオクワの方も現在のペアリング最中なので来週か再来週から産卵へ進めて行きたいと思います。

今シーズンは1本目投入時期が大きくずれているのが多かったので今年は5月中の投入完了を目標にしていきます。

例年、材はオークションの安価な物を使用していましたが今年は県内の工場へ直接行って自分でセレクトしてきました。

オオクワ、ヒラタ、フタマタ用と堅めから柔目まで幅広く200本程選んできました。

オオクワ用は堅めの物を多く選んできたので今年はバクテリア材をいくらか仕込んでいます。

ボトル交換時の食跡だけ捨てずに置いていたのでそれに漬けてます。

オオクワなんでどんな材にも産んでくれますが堅材は割り出しが大変、柔目はかじるだけであまり産まない事もあるので割り出しするときにイイ堅さになってくれたらいいなって感じです。

サクッと産卵は終わらせたいので爆産させてさっさと次のステージへ移ります。

その工場の方と話していてマットもロットで作成してくれるとの事でしたのでお願いしてきました。

用品はいくらでも使うので少しでも安く!マットの使い心地も良かったのでこれからは通常使用マットは1本化していく予定です。

前日donchanhimejiさんのブリードルームへお邪魔させて頂きラミレスゾウカブトの幼虫を頂きました!(現在マットの中なので写真無し)

幼虫期間3年超!長い!(笑)

初令なので羽化する頃には子供達は高校卒業、中学卒業する頃ですね(笑)

気長に無事に羽化してくれるように飼育していきます!

Posted on 2019/03/21 Thu. 20:03 [edit]

category: ボーリン&バミノルム

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム


▲Page top