fc2ブログ

6畳の虫かご ギネスへの挑戦!

国産かぶと虫からオオクワ、外国種まで広く浅くやってます。

早期羽化しています。  

お久しぶりですtukakuwaです。

寒くなってきましたね~

毎年の事ですが10月~11月のこの時期の温度管理には苦戦しています。

今年は例年より夏場の温度を少し上げている期間を長めにしていました。

が、8月交換した分は10月以降キノコを出してしまい予定より早めの交換をしていきました。

キノコが出るに連れてカビの発生も多く例年以上に精神衛生上良くない状態が続きました。

何とか菌糸も手配出来11月中旬からある程度交換も済ませました。

今年はそのような状態であまり体重乗りが悪く現状40gupは↓の1頭だけです。

21A1-18 SR血統

89,2mm×55,5mm

です。

このラインは35~37gが多く他のラインに比べると我が家では体重乗りの良いラインとなっています。

我が家のエースラインなのでここが良くないとほぼ終わりなのでまずまずかなと思います。

オスメス早期羽化している固体も多いですがおっ!と思ったのが1頭だけおりましたのでご紹介しております。

↑の幼虫と同腹です。

8/13交換で35g、11/16羽化確認しましたのでまだ羽化後10日程ですが現状86mm程あります。

少し右顎が長く右顎はノギスより大きい数値ですが3点接地で現状ノギス数値です。

まだしっかり固まっていないのになかなか動いて上手くノギスに当たってるのが撮れなかったですがまた固まったら写真を残しておこうかと思います。

85mmは余裕で残りますが86mmは残って欲しいな。

来季の補強も出来ればいいですが種親♂は少ないのでこの♂は種親確定になると思います。

小さい早期♂♀少しオークションへ出していっていますので気になる方はリンクから見てみてください。

スポンサーサイト



Posted on 2021/11/26 Fri. 13:58 [edit]

category: 21年能勢

tb: --   cm: 0

頂き物。  

先日友人のドンちゃんより頂き物がありました。

確か2019年に10数年ぶりに入荷されたノズノコギリです。

実物は初めて見ましたが思ったより小さいですね。

写真撮影時は手足を伸ばしていなかったですが体長に対して長く蜘蛛のような印象ですね。

最近では価格も大分落ち着いていますが入荷時は高額でしたので驚いたのを覚えています。

こう言った種は比較的飼育は難しく無いように思いますが1ペアのみしかおりませんので失敗しないように情報を集めてブリードしたいと思います。

学名:Prosopocoilus nozui
和名:ノズノコギリ
産地:Philippines Mt.isarog.camarines sur.South Luzon

こちらは先日飼育レコードを獲得されたっちさんよりプラティオドンネブト(ナビレ産)の幼虫を頂きました。

レコードの兄弟から採れた幼虫のようです。

以前ブリードルームへお邪魔した際も55mmアップを見せて頂きましたが凄い迫力の個体でしたので55mm位を目標に飼育していきたいと思います。

モロタイ産は以前から飼育していますがなかなか50mmがこえないのでマット、環境も少し見直してみます。

たっちさんは今回のレコード号で当種、トラキクスヒラタの2種でレコード獲得されていますので本当におめでとうございます㊗️

ブリードスキルは遠く及びませんが少しは見習って腕を磨いていきたいと思います。

Posted on 2021/10/26 Tue. 18:11 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

ブログ開設6周年‼️  

今日でブログ開設して6周年です。

特にプレゼント企画とかはしませんが。

ブログに関して言うと更新頻度が高い時(暇な時&モチベーション高い)、ほぼ休眠中(忙しい&モチベーション低い)の波があったりですが記録、管理と言う意味では重宝しているツールです。

気分的にはブログも10年位している感じではありますがまだ6年年か…気持ちだけ必要以上に年を重ねている気がします。

6年の間に子供達の入学、卒業、自身の転職等色々とありましたが6年前より時間面で生活にもゆとりが出てきました。

一番は家族と毎日夕食を食べられるような生活が出来るようになったのたのが大きいです。

以前は朝出勤して帰宅が日付を過ぎた深夜、休みは平日と言った感じでなかなか家族と顔を合わせない日々、地域、学校行事にも殆ど参加しない半母子家庭状態でしたので今の生活は昔の憧れだったかもしれません。

現在高3の娘も就職内定を貰い、後は息子の高校進学が決まれば万々歳、一つのゴールが近くなってきますのでもう一踏ん張りって所ですね。

ブログを始めて多くの方と交流を持てましたが今はブログよりTwitter等々での情報発信が主要になってきてブログリンクさせて頂いている方々もブログから遠ざかったりYahoo!ブログ閉鎖でブログを辞められた方も多いので寂しい所ではあります。

虫活も長年続けている方々、辞めていく方々おられますが趣味の世界ですし家族の理解が無いと長年はやっていけないのでその辺りは良き理解者が我が家には揃っていて助かります。(娘にはキモいと言われますが)

何はともあれ趣味を、Enjoy出来ている内は幸せですので薄く、広く、永く続けていければと思います。

ブログ毎週更新は無理ですが月1更新、カテゴリーランキングTOP20入り出来るように幅広くを目標にやって行きたいと思います。

Posted on 2021/09/30 Thu. 12:00 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

オキシデンタレゾウカブト  

昨年末に3令幼虫ペアで購入していたオキシデンタレゾウカブト。

ペアしかおらず羽化ずれしても面倒なので2頭共同じ容器で飼育していました。

マットも減った分を一度足したかな?位でほぼ忘れていたと言っても過言では無い状態でした。

何やら重ねていた容器からガリガリと音がするので幼虫がマット切れで怒ってるかな?と捜索してみたら...。

2頭共綺麗に羽化していました。

これは地味に嬉しいパターンでブリード出来そうで一安心です。

オキシデンタレゾウカブト

産地:メキシコ、ゲレーロ州アカプルコ

累代:CBF1

折角なのでビークワ70号ゾウカブト特集を確認していました。

一番判りやすい特徴は前胸背板前緑の突起が真横に突出する事でしょう。

ゾウカブト全般的に近年亜種分けされたり新種として登録されたりしている種もありなんだかな~と思う所はありますが。

何はともあれ無事に産卵して欲しいものです。

Posted on 2021/09/27 Mon. 19:31 [edit]

category: 未分類

tb: --   cm: 0

能勢交換しています。  

我が家のオオクワブリードは世間一般に比べると1か月程前倒しでブリードしています。

今年は早い物は4月中旬割出、殆どはGW付近で割出し、その後一旦200cc菌糸で約1ヵ月、その後多くを判別無しで1400ボトルへと言った流れにしています。

例年との変更点として菌糸60ccカップ→200cc、カップ管理後800ccボトル→1400ccへと言った所です。

使用菌糸は我が家定番EXCEED CRAFTさんのLEVING-SP、今期から使用の深山農園さんの菌糸を使用しています。

深山さんの菌糸はまだブリーダーさんの中では使用されている方は少ないと思いますので少しレビューしておきたいと思います。

今年2~3月頃にクワガタ用菌糸を販売されると言う事を知り姫路オオクワ倶楽部の仲間と現場の見学をさせて頂きました。

そもそも菌糸の製造工程を見学することも先ず無く、深山社長から丁寧に原料のオガの説明、撹拌設備、殺菌釜、植菌、無菌室、培養棟と、一通り拝見させて頂きました。

素人ながら自分が使用している菌糸の製造工程を見ることが出来て新鮮な気分になり非常に興味深く楽しい時間を過ごせました。

そこでサンプル菌糸を分けて頂きましたがシイタケ栽培ベースのブロックの為クワガタには使えないかな…と言ったのが正直な感想でした。

モニターさんからも同じ様な意見はあったようですが水分量、粒子等々。

そして私が今期使用している分は4月仕上がりの樹種混合中粒子、水分60%の物を1本目(カップ含め2本目)に使用しました。

こちらは全て800ボトルへ詰め替えましたが水分60%ほ菌糸は少なくほぼ50%前後が主流ですのでプレス機は使わず手詰めで固く詰めすぎないようにしました。

菌の回りは早く菌の量も一般的な物に比べ多く感じました。

5月中旬~下旬にカップから800ボトルへ以降していき、MAX35gが出てくれればなと思い蓋を閉めました。

で、現在の深山さん菌糸での最大が↓↓↓

失礼ですが意外と乗ってます(笑)8月8日交換分より

この幼虫は21-A1ライン89.2mm×55.5mmです。

ちなみに写真は無いですがLEVING-SPからもう1頭同じ39,2gが出ていますが現状その2頭が最大です。

一昨年ならこのタイミングで40g越えが複数出ていたので40gupの写真を残せていないのが淋しいと言えば淋しいですが、ま~しょうがないです。

このラインは乗せる系統イメージですので平均して他ラインよりは3g程乗りがいいです。

主観ですがG-SPより深山さん菌糸は水分が多いからかそれ程詰まっている感じでは無くどちらかと言うと外産オオヒラタのような筋肉質と言うよりポッチャリ系の印象で色も浅くまだ若い感じでした。

2本目(カップ合わせ3本目)はクヌギ、水分50%になっています。

この50%の分はプレス機固詰めで現在100ブロック程詰めましたが60%の時と同じく菌量が多く回りが早いので個人的には優良だと思います。

しかし体重=体長と言う単純な話では無いので来年羽化後に良い報告が出来れば良いと思っています。

ちなみに今期は♀もほぼ1400ボトルでリレーしています。

今まで♀のサイズは求めていなかったので正直適当にしていましたが今期は♀もサイズを狙っていきたいと思っていますので60㎜upが羽化して欲しいと言う目標は最後まで持っていきます。

ちなみに深山さん菌糸♀最大はこれなので他社製品と比べてもイケるかも知れませんね。

Posted on 2021/09/22 Wed. 12:00 [edit]

category: 21年能勢

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム


▲Page top